コールドドラフト。

冷えたドラフトビールではありません(大好きですが…)


8679b0a2411e8d877f13a8d218837fad_s

空調管理は奥が深い


ビルの空調。
利用者さんからのクレームが起きやすいけど、非常に奥が深い。

ビルの構造はどうか?
北向きか南向きか?、何階か?
熱源はどうなっているか?
外気の状態はどうか?
などなど。

考慮すべき事がいくつもあります。
しかも古いビルになればなるほど思うようにいかないのが空調。

ガラスや断熱など新しい技術が取り入れられて、「設備と管理」などにもよく掲載されていますが、既存のビルにはそんなもの当てはまりませんwww

「ビルが古いから、このビルの空調は思うようにできません!」
なんて言い訳もできませんしね。

何事も積み重ね


こんな風に言ってしまうと元も子もないのですが、結局は経験です(笑)

当然、設備を改修したり、調整で多少改善する事は出来ますが、費用がかかりますし、オーナー側も「じゃあすぐに空調改修工事しましょう」なんてことはないですから。

そうなると我々は日々、ビル内をうろちょろして、アネモの具合やフィルタを確認したり、テナント内に入ったときに、他のテナントと比べてどうか?などを自分なりに調査して、情報を蓄積していくしかありません。

そのようにして、コツコツ集めた情報を元に、空調の設定をいじったりしていくと意外にこれが面白いw
想定通りにいくとメチャメチャ嬉しいです(あんまりないですけどねwww)

これが正解!っていうのがないので、何年経っても新しい気づきもあり、失敗もあり。

以前、ビルの設備に詳しい利用者さんから言われたこと。
「モメタクさん。今日、空調変じゃない?コールドドラフト感じちゃってるよー(笑)」と。。。

笑顔でやさしく言ってくれたのですが、余計に僕の顔は引きつりまくり。
「コールドドラフト = 不快」ですから。

こういう失敗を経験すると、同じ失敗をしないように、より一層気合いが入ります!

そんな、毎日を繰り返しながら今日もビル管理に励む僕なのでした(笑)


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
感想、ご意見などがありましたら、「お問合せ」ページよりご連絡下さい!!