東京商工会議所の検定試験の一つ、『ビジネスマネジャー検定』

人知れず受験をして、人知れず合格していました(笑)
bijimane

試験概要

この試験は、商工会議所主催の検定試験です。(日商簿記とかやっているところ)
ビジネスマネジャー検定自体は、現時点で比較的新しく、僕は第4回目で受検しました。

どんな検定かというと。。。
ビジネスマネジャー検定試験は、マネジャーとして活躍が期待されるビジネスパーソンに対し、その土台づくりのサポートを目的とし、「あらゆるマネジャーが共通して身につけておくべき重要な基礎知識」を効率的に習得する機会を提供します。

『東京商工会議所>検定試験情報>ビジネスマネジャー検定試験』より


リーダーやマネジャーのように、経営者とメンバー(職員)との間に立つ人間としての基礎を身につける(身につけていることを証明する)ための検定ということですね。

過去の合格率

第1回(2015年7月19日) 72.6%
第2回(2015年12月20日) 39.8%
第3回(2016年7月17日) 64.4%
第4回(2016年11月13日) 24.5%

過去4回の合格率を見ると、奇数回の合格率が良くって、偶数回が極端に悪いw
受検をするなら、7月(前期)のほうがおススメですね。
ちなみに結果はコチラ
bijimane_kekka
合格率が低いときに、キチッと合格してると微妙な優越感があります(笑)

受検した理由

今回、なぜビジネスマネジャー検定を受検したかというと、ビル管とはいえ、僕は一応現場の責任者なので、部下がいる訳です。

上に立つ以上、基本的な知識を体系立てて学んでおいた方がいいなぁと感じて受検したんです。
業務上たいした意味もない資格なんですけど、学ぶ事に意義がある的な発想で。。。

本当は第一回に受けたかったのですが、業務の都合等々で結局今回になってしまいました。

受検して感じたこと

1.問題文がめちゃくちゃ長い
  →これは、頭から読んでいくと確実に時間が足りなくなるので、設問を先に読んで、ポイントとなる所だけを読むようにした方がいいです。

2.試験中トイレ退出できない
  →試験前に水分を取りすぎないようにしましょうw

3.賢くなった気がするw
  →さまざまなフレームワークや理論を知る事ができるので、頭の中が整理できます!!(これ重要)


出来たばかりの検定なので、出題する側も試行錯誤なさっているとは思いますが、コンパクトにまとまった公式テキストは今後も読み返して使えそうですし、いいテキストだと僕は感じています。

なお、次回の試験(第5回)から、テキストが改訂版になるそうです!!